本物のペニス増大サプリに入っていることが多い成分

欠かせない基本の成分

もはやどのペニス増大サプリにも必ず入っていると言っても過言ではない成分は、アルギニン及びシトルリンです。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させたり免疫を高めるといった働きがありますが、中でもペニス増大サプリとして欠かせないのは一酸化窒素を生み出すサポートをすることです。

ペニス増大サプリは血流を促進させることでサイズアップを図るのが基本ですが、一酸化窒素は血管を拡張させる働きを持っています。通り道が広くなると血流が促進されやすくなるため、ペニス増大サプリにとって最適というわけです。

そしてシトルリンも同様に、一酸化窒素を生み出すサポートができる成分です。さらにシトルリンは身体に吸収された後にアルギニンに変化する性質があるため、アルギニンと同時に摂取することが望ましいです。

本物のペニス増大サプリはこれらの働きをしっかりと把握しているはずなので、ほぼ必ず両方とも配合しているでしょう。

あくまでもサポートの成分

ペニス増大サプリには古くから精力を増強させるために用いられてきた素材が使われることも多いです。牡蠣やガラナなどがその代表的な例で、場合によっては数百種類用いられていることもあります。

もちろん精力を高めると性的な刺激によってペニスに働きかけることになるので、まったく効果がないとは言い切れません。しかし本物のペニス増大サプリではこれらの成分をメインにはしないと考えて良いでしょう。

本物のペニス増大サプリとして大切なのはあくまでもアルギニンとシトルリンで、それ以外はそのサポートの意味合いが強いです。

また本物ではないペニス増大サプリには、一応アルギニンとシトルリンが配合されているものの、その量が少ない場合があります。名前だけを用いて実質的には大して効果が期待できない量であれば、配合されている意味はあまりありません。したがって本物を見分けるためには成分の種類だけでなく量にも着目しましょう。

まとめ

世に出回っているペニス増大サプリの数は非常に多いため、その中から大きな効果が期待できる本物を見つけるためには、知識を蓄えておかなければなりません。継続して摂取していると費用も決して安くはないため、それを無駄にしてしまわないためにも大切なことです。

基本的には他の成分に目移りすることなく、まずは1回当たりのアルギニンとシトルリンの量を確認しましょう。その量が把握できた上で他の要素を判断基準に加えると良いです。