カントン包茎でもクリニックなら治療可能

カントン包茎の症状とデメリット

包茎で悩む男性は多く存在しますが、悩みを解消するためには、まずは自分がどのタイプの包茎であるかを確認することが大切です。
真性包茎や仮性包茎は良く知られていますが、この他にもカントン包茎とyばれる症状があります。
これは、皮の出口にある包皮輪が狭いために亀頭を露出させたくても、亀頭や陰茎が締め付けられるというものです。
無理に包皮を剥こうとすると亀頭が圧迫されて血流が悪くなります。
締め付けが強くなると、ドーナッツのように腫れあがり元に戻せなくなることもありますし、場合によっては壊死になることもあるといわれています。
しっかりと洗うことができないので、不潔になりやすく悪臭も発生しやすいというデメリットもあります。
さらに、刺激に弱くなるので早漏になりやすいのもデメリットといえるでしょう。
そして、包皮炎を繰り返しているうちに皮膚が硬くなり真性包茎に移行する可能性もあるといわれています。
まずは、診察を受けてどんな症状なのかを医師に確認してもらいましょう。

保険適用の治療が受けられる場合も

カントン包茎であっても、適切な治療を受けることで良い改善が期待できます。
手術費用は高いのではないかと考える人もいますが、カントン包茎でも医師が治療を必要と判断した場合は保険適用の治療を受けられる場合もあります。
保険診療なら、手術費用の負担も少なく済みますし、泌尿器科で治療を受けることができます。
費用は安くなりますが、そのかわり、保険診療では選べる治療も限られていますし、治療を受けたことがわかる見た目になる可能性もあります。
その点、美容外科や男性専門クリニックでは自由診療の治療も提供しています。
費用は高くなるものの、仕上がりも重視した治療を選ぶことができるので、自然な仕上がりを得ることができます。
ただカントン包茎の症状を改善したいだけなら、保険診療の治療でも問題はありません。
見た目のコンプレックスを解消したい人や、オプションの治療も受けたいという人は、自由診療を選ぶことがおすすめです。

まとめ

包茎にも多くの種類がありますが、カントン包茎も締め付けが強く、症状によっては元に戻すことが困難になることもあります。
こうした症状も適切な治療を受けることで改善されます。
まずは、診察を受けて、どのような症状なのかどんな治療が向いているのかを医師に判断してもらいましょう。
カントン包茎は保険適用の治療を選ぶこともできますし、症状の改善だけではなく見た目の良さも重視するなら、自由診療のより高度な治療を選ぶこともできます。