ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

増大サプリに必須の成分【年齢別】!ペニスがデカくなる理由

ペニス増大サプリ関連情報

長年のペニス増大サプリの検証実践で得たデータから、配合されているべき必須の成分を紹介します。効果は商品の性能次第と言われています。その性能とは、成分(構成、質、量)、タイプ(構造)、発売時期のことです。

その中でも成分は効果を左右する重要な要素です。いくら販売実績があろうが有名だろうがその真偽が見抜ける要素なのです。
成分は購入前に商品の公式ページや情報サイトで確認できるので、未然に失敗を防げます。情報サイトの場合は嘘の可能性もあるので、箱の裏の画像があると確実ですね。

アミノ酸系【増大体質を構築】

増大体質を構築するアミノ酸系
アミノ酸は体を構成するのに必要な成分であり、それだけでは精力実感は低く即効性もないが、いわば「増大の為の体質」を作るのに重要。
主に成長ホルモン分泌を促進し、血流を良くする指令を出す役目。

シトルリンやアルギニン、オルニチンやトリプトファン、リジン、バリン、ロイシン、イソロイシン、デキストリンなど精力に影響するものや正常な体質を作ったり、神経に作用するなど健康に関わるなど多くの成分があります。
アミノ酸は他の成分と組み合わさることで意味を成すものも多く、言わば増大にとって必要不可欠な基礎成分です。10種以上は配合されてるものを選びましょう。

植物系成分【精力と健康、安全性を高める】

精力と健康、安全性を高める植物系成分
精力や健康の両効果を持つ成分が多いです。更に安全性も兼ねそなえています。
動物系の精力成分だけでは安全度が低い為、精力度を上げつつ、緩和し安全度を高める為に配合される。

市販・通販のペニス増大サプリでは植物系成分を配合した商品が1番多いかもしれません。
動物系を含まず植物系(+アミノ酸など)で構成された商品が多いですが、動物系は増大・精力効果の為に必須です。動物系成分と比べると精力的な実感や効果はかなり低いです。
アミノ酸と同じようにそれだけでは増大は成立しないことは覚えておかなければならない。

マカ

精力増進や疲労回復に有名なマカ
マカに含まれるマカアルカロイドやデキストリンがペニスへの血流量を増やし、ペニス増大や精力増進にも効果を発揮する。
またニンニクに多く含まれるビタミンB6と接種する事でより一層の効果が期待できる。

トンカットアリ

「森のバイアグラ」と言われる程、最近のペニス増大サプリには必須のトンカットアリ。成長ホルモン分泌促進の効果が飛びぬけてあるとのこと。
ペニスへの血流量を増やし、精子の量を増やし固い勃起、勃起不全の改善が期待できます。

ガラナ

南米に存在するハーブの一種。ガラナに含まれるカフェインはゆっくりと吸収されるため、スタミナ増強や滋養強壮などに効果があるとされいます。

冬虫夏草

細胞の代謝が活発化させる効果があるのでペニス増大には必要不可欠の冬虫夏草
免疫力の向上、老化防止、美容など様々な効果が期待できる優秀な成分。

ソフォン

赤ガウクルアとも呼ばれ、「天然バイアグラ」とも呼ばれEDや勃起関連の効果があるが、精力実感は低く即効性はない。

ボロホ

ボロホはアルギニン等のアミノ酸が豊富で、血流促進力が強く、また神経作用の効果もあるので勃起力、ED改善の期待度が高い。

ムクナ

ムクナはLドーパという成分を含んでおり男性ホルモンを活性させ、興奮作用を高める効果があり、勃起しやすい状態にしてくれる。

田七人参、高麗人参、ヒマラヤ人参、朝鮮人参

中国の人参系は血流を増やす効果や胃腸改善など健康的な効果も発揮する。

カツアバ

カツアバは神経に高作用しやすく、血流を改善し、血をペニスに運びやすくする為、EDや勃起力に能力を発揮します。

エゾウコギ

エゾウコギは血流を正常にし免疫力を高める役目や、脳神経を活性させる役目があるので、ペニスへ血流を流す指令を出すのに効果的であったり、増大体質を形成するのに必要。

ヨヒンベ【注意喚起】

ヨヒンべはアメリカ食品医薬品局(FDA)により性欲促進薬として承認さています。ペニスへの血流量を増やし、固く太い勃起形成が期待できます。自然界に存在する最強の媚薬とされています。

しかし、日本ではサプリに配合することを禁止されている劇薬指定の成分です。つまりヨヒンべを配合してるものがあれば、それは海外産のサプリということです。
効果は高いかもしれませんが十分注意しなければなりません。

動物系成分【増大・精力向上】

増大・精力向上の動物系成分
動物系成分が多く入っていると、精力実感は高く、即効性にも期待できる。ただし健康・安全度が低く、副作用を引き起こす可能性も高くなる。ペニス増大の為には動物系精力成分は必ず必要となってくるが、同時に、多くのアミノ酸や植物成分を必要とし、毎日飲み続ける安全度を高めなければならない。

トナカイ角エキス

トナカイ角は漢方では鹿茸(ろくじょう)と呼ばれて強精、貧血に効く生薬とされており、アミノ酸の作用によりED改善成分として注目されています。

コブラ、マムシ、ハブ、蛇丹

蛇系は豊富なアミノ酸を含み、細胞の活性、代謝良くするのに加え、血管を拡張し、強精効果を発揮する。

馬ペニス、馬睾丸

馬系は豊富なアミノ酸を含み、男性ホルモンの活性させる。
精子量のアップやED・勃起力の改善、運動機能の作用も優秀でスタミナアップにも効果がある。

クジラエキス

クジラはドコサヘキサエン酸(DHA)など脳を活性する成分を含み、脳細胞の活性や高血圧や動脈硬化の予防など血流改善の効果もある。

すっぽん

すっぽんは良質なたんぱく質を含み、肝臓や腎臓に作用しやすい。
また血流の正常化、鉄分を多く含んでるので精子量のアップ効果もある。

タツノオトシゴ

タツノオトシゴは豊富なアミノ酸を含み、男性ホルモンに作用し精力アップやED改善効果がある。

ヤツメウナギ

ウナギは豊富なビタミンを含み、肌荒れ改善や眼病予防、疲労回復などの効果がある。蟻 肝機能の改善や免疫力を高める他、精力アップ効果もあると言われる。

その他の成分


ペニス増大サプリにはこれらの成分だけでなく、ビタミンやミネラルといった健康の維持などの成分も必須です。
毎日飲み続けるものだからこそ、安全を高める必要がありますし、健康維持が効きやすい状態にしてくれます。
つまり増大作用を維持するのに大きく役立ちます。

ビタミン群

体内や肌、脳など日々の健康をサポートしてくれてます。ビタミンの種類によって効果もかわってきます。多く入っていた方がいいですね。

亜鉛

精力増進には必須の成分。成長ホルモン分泌を促進し、精子の量を増やす役割があります。
亜鉛は主に牡蠣に多く含まれる。アミノ酸と一緒に吸収する事で効果がアップ。

成分は多い方が効果が高い

成分は多い方が効果が高い
上記の成分全てを網羅しているとなると、成分数計50種以上のものでないとなりません。
成分数が多ければ体内での成分同士の相乗作用力も高まり、効果も高くなります
成分数が多く1タイプでなければ(1タイプ1成分が微量の可能性が高い)精力効果はもちろん、精力以外の様々な成分が持つ健康的な効果(サブ効果)の期待値も高い。

サプリメントは毎日続けられるからこそ増大する【増大理由】

サプリメントは毎日続けられるからこそ増大する【増大理由】
サプリでペニスが大きくなる根本的な理由は、最終的には血流を増やすことにあります。毎日飲んでいって体質自体を改善し、細胞や神経、生殖器、海綿体、尿道、ホルモン、その他体内のあらゆる器官、機能に作用して、最終的にペニスに血流を多く、スムーズに流すことでデカくします。

増大サプリは商品によって、成分構成が違い、またそれによって構造も違います。カプセル1種のものもあれば、錠剤3種のものもある。この時点で、ペニスが成長するメカニズムが商品によって違い、その効率や成功確率が違います

勃起が確実なED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスは医師の処方なしでは服用できません。これらは副作用もあります。根本から体質を改善するものではないため、一時的な効果です。常時利用はおすすめしません。

また薬局など市販で売っている医薬品は男性ホルモンに直接働きかけ、バイアグラ程ではないですが勃起を促します。ただしやはり根本を改善するものではないです。

一方、ペニス増大サプリメントは副作用の心配がないため、毎日かつ長期間の服用が問題ないと共に必須です。増大や勃起がしやすい体質を創り上げていき、更に状態を維持していく為、その後は元に戻りにくく生活習慣の改善などでも維持は可能といえます。

最近では成分100種以上含んだ高性能な増大サプリも存在し、精力関連の効果だけでなく、体調不良など健康自体も改善します。食事からは摂取しづらい様々な栄養素により、健康増進と維持にも効果が期待できます。

ペニス増大に必須と言われるシトルリンとアルギニン【要注意】

ペニス増大に必須と言われるシトルリンとアルギニン【要注意】

デカくなる代表的な1番の理由は成分に「血流」や「成長ホルモン分泌」の改善、向上によるものです。

必須と言われるシトルリンとアルギニンにそういった効果はありますが、あくまで体質改善をするアミノ酸。高い効力や間接的な働きをすることから、マニアからは動植物成分に比べて重要ではないと言われています。ただ一応、有名なのでこの2大成分の説明だけしておきます。

L-シトルリン

L-シトルリン

アミノ酸の一種で約100年前にスイカから発見された成分のことです。体の不要物を排出する尿(アンモニア)を生成する際に生まれる成分でもあり、シトルリンは生成されると同時に一酸化窒素(NO)も作られて、これが亀頭・陰茎増大の効果に有効なのです。

実は体内に入ればアルギニンに変換されます。その過程でシトルリンは優秀な血流作用があるって話です。またシトルリンとして摂取した方が吸収率が良いので、効果も早く表れるってことです。

一酸化窒素は血管を広げる効果がり、血流が良くなれば、ペニスの海綿体へ多くの血が流れ込むみ結果、陰茎および亀頭の増大の効果、EDに効果を発揮するのです。ペニスの海綿体はスポンジのようなもので、流れ込んだ血液を貯めておくことが可能です。

L-シトルリンの血管を広げる効果は医療の中でも心臓疾患の患者に有効でした。亀頭・陰茎増大だけでなく、血流を促すのでむくみや冷え性、さらには筋肉の増強にも有効な成分なのです。

ペニス増大サプリにとって重要度はさほど高くありません。他と同じようにあくまで増大体質の構築に必要な一成分であり、決してその量や質で勃起や増大効果に大きく影響する成分ではないです!
多くの増大サプリがシトルリンを推しており、そこに拘ると失敗する可能性大です。

L-アルギニン

L-アルギニン

L-シトルリンと同様に、一酸化窒素を体内で生成し血流を増やし血行を改善します。

アルギニンは男性ホルモンの分泌を促す効果もあることからペニスの増大が期待されています。「成長ホルモン」がなぜペニスの増大が期待できるのか、それは分泌が20代をピークに年々減少していき、低下によって体内の細胞分裂が鈍化していき、海綿体細胞に与える影響としては増大にはなりません。

しかしL-アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進させる効果が期待できるため、海綿体細胞の細胞分裂が非常に活発となり、結果亀頭や陰茎の増大につながるのです。

またL-シトルリンと一緒に摂取することで相乗効果を発揮すると言われており、一酸化窒素生成による血管拡張・血行促進の研究はノーベル賞を受賞するなど医学的にも研究が進んでいます。

アミノ酸は実体験では実感がないもの!嘘の多い成分

アミノ酸は実体験では実感がないもの!嘘の多い成分

調べると情報も多いし、最もらしい解説で効きそうだなって感じますが、実際シトルリンやアルギニンなどのアミノ酸メインのサプリを飲んでみると驚愕します。

言われているような、ムラムラして勃起する!硬くなった!太くなった!大きくなった!など「効いてるな」と実感することはほぼないです!考えてみても、自動販売機で売っているアルギニンのドリンク、焼肉やステーキでさえ豊富に入っていますが、ペニスに効いてるな!なんて思ったことないでしょ!

というのも所詮、体を構成するアミノ酸であり、動物や植物系成分とは違い、言わば実態のないものなので実感力も低いということです。

では何故こんなに有名なのかと言うと、シトルリンがサプリへの使用が解禁になり、増大や勃起など精力関連のサプリが一斉に登場したからでしょう。そして販売業者は一斉に増大や勃起=シトルリンを広告などで根付かせてしまった、という流れです。しかし実はダイエットや筋トレなどの補助サプリにも使用されています。というか、アミノ酸は体質改善だからそっちの方が効果的なんですがね。

ただペニス増大にとって「増大しやすい体質・環境を創る」という意味でアミノ酸は必須だということです。なのでアミノ酸のみの摂取では効果を長期に見る必要があります。

サプリ選びの際の注意点として、シトルリンやアルギニンに特化、推すようなものは、「1タイプ、成分10種前後」という増大サプリの中では最も低性能と位置付けられるものが多いので注意です。

なので間違ってもバイアグラのような、「今日勃起が必要」って時に摂取しても意味ないですし、量が多くも、質にこだわっていても、勃起・増大が早まるって考えはNGです!

ただアミノ酸は他の成分と混ざり合った時の相乗作用は優れているので、増大サプリに多くのアミノ酸が含まれてる理由でもあります。
ペニス増大サプリの成分100種系の評価が高い理由は、混ざり合う成分の相乗作用力が特に高くなり、効果も高まると考えられているからです。

年齢別!摂取すべきペニス増大・勃起サプリの成分

年齢別!摂取すべきペニス増大・勃起サプリの成分
ペニスの悩みは人それぞれではありますが、それは年齢にも大きくかかわってきます。
特に男性ホルモンの分泌が低下する40代以降については、20代に比べても摂りたい成分が違ってきます。基本的に精力成分はどの年代の男性にも効果を発揮できますが、他に必要となる栄養素が異なってきます。

年代別にどのような機能のある栄養素や補助系サプリメントを選ぶべきかを解説していきます。

20代に必要な精力成分は?

20代に必要な精力成分は?

20代は周りの目や女性にどう思われるかなど精神的なストレスを感じて精力が減退しがちです。もともと体力もあり、疲労回復力も改善しやすいため、自分に自信をつけることで勃起力が強化される傾向にあるため、精神的なストレスを改善するための処方が重要です。

そして若さ最大限に活かしたいので、精力効果が一番強い「動物系」が多く含まれる、またはメインであるサプリを選ぶのがベストです。安全・健康力は落ちますが、今の高性能サプリであれば副作用などの心配をするのは無意味です!また他サプリとの飲み合せや精力剤との併用など効果アップとされる技は積極的に取り入れていきましょう!

ストレス緩和、鎮静作用でおすすめの成分は、トリプトファン(アミノ酸)!火力の高い動物系で20代おすすめの成分は、トナカイ角エキス!

30代には男性ホルモンの補強も大事

30代には男性ホルモンの補強も大事

まだ衰えは少ないものの、仕事でのプレッシャーや疲労が重なる年代のため、疲労回復とエネルギーチャージを優先し、男性ホルモンの減少を抑え補強する成分も摂取するのがよいでしょう。

ホルモンの増強にはL-シトルリンやL-アルギニンの摂取が効果的です。また疲労回復力が落ちたと思ったらユンケルやエビオス錠などで補助することもおすすめします。

疲労回復におすすめの成分はガラナエキス、ただ植物系なので精力へのパンチ力は低めです。適度に動物系成分が入っていた方が良い。

40代は性欲減退がはじまる人も…

40代は性欲減退がはじまる人も…

20代30代の無理がたたって男性ホルモンの分泌低下がはじまる人が増える年代です。いままでそのようなことがなかったのに、中折れや早漏、性欲減退にショックを受ける人も…。

いつもの調子が戻らない、疲れがなかなか抜けないと感じたら放置せずに対策をしましょう。成分としては男性ホルモンを補充する成分と、血流を改善する成分が入っているものがマストです。40代の勃起障害は血流が問題の場合が多いため、喫煙習慣のある人は特に血流改善が必要です。

40代以降でペニス強化を測るには、この成分がどうこうという問題でないですね。もはや高性能な増大サプリの使用は必須。タイプは3タイプ以上、成分数は60種以上、かつ新し目を選んでおけば間違いありません!グライバルやボルギア3がそれにあたります!

50代でED(勃起不全)更年期障害が続出

50代でED(勃起不全)更年期障害が続出

加齢により性欲減退と勃ちの悪さが際立ってきます。また、体力の低下やイライラなど心身ともに不調が出やすい年代に突入します。なるべく多くの精力成分とホルモンの増進にアプローチする成分を摂取してください。
精力と男性ホルモン、血流の改善をベースに、ユンケルなどの滋養強壮剤を組み合わせてみてください。精力系のドリンク剤は体力に不安がある場合は定期的に摂取することをおすすめします。

100種など成分数が多く配合されている増大サプリは、増大や勃起、健康や安全性などに必須な成分は全て配合されています!なので間違いはないのですが、グライバルなど100種サプリを応用して60種に絞ったサプリには火力面で劣ります。成分が多いということは、効能の種類が多いメリットはありますが、1成分の量は減りますので。成分数が多い場合は、成分量を落とさない3タイプであることは必須です!

サプリメントの摂取だけでなく、ペニスのストレッチやチントレなどで日頃からペニスを鍛えていくことで、老化を遅らせることも可能です。

増大サプリや精力剤の飲み方、タイミングは?

増大サプリや精力剤の飲み方、タイミングは?

精力剤系のものを飲むタイミングは種類によって異なります。

まずはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬の場合は、性行為前の空腹時がベストです。逆に食事と一緒や食後に服用すると効果が得られない場合もありますのでご注意ください。また、バイアグラとレビトラは性行為の1時間前で良いですが、シアリスは効果が表れるまで3時間程度を見ておいた方が良いです。

性行為の直前に飲む精力系のドリンク剤については、1時間ほど前に飲用することをおすすめします。あかひげ薬局の精力ドリンクやユンケル黄帝液、凄十ドリンクもこのタイミングに飲用してください。

サプリメントの摂取タイミングは、毎日同じくらいの時間であれば問題ありません。毎日摂取することにより、男性機能や身体の機能を高めていくものですので、飲み忘れには注意してください。

食前と食後どちらが良いかというのは、胃腸が弱い人は食後が吸収率が上がりますのでおすすめです。サプリメントによっては効果的なタイミングがある場合がありますので説明書などをお読みください。

コメント